aboutcoffee

Happiness comes from the coffeetime.

ペリカンポット入荷しました。



かなり細く注げます。



キレも良いです。



G201133



製造は月兎印でおなじみの野田琺瑯製で、容量は1L。



色は白と赤の2色で、定価:\3.780(税込)です。



eb3df492.jpg



是非、点滴を (´~`)。゜○


午前中、焙煎。



外は雨。



室温22度。



湿度55%と高いです。



 



今日はコロンビア アンデスコンドルを焙煎。



コロンビアの中煎りに関しては頭に思い描く理想の味を持ってます。



とある超有名店の豆の味が忘れられず、常に目標にしてます。



 



釜の余熱に気をくばり、200度投入。



やや低くと思っていた中点は114度。



ここからじっくりと時間をかけて焼いていきます。



 



いつも思います。



1ハゼ終了後からの温度上昇の具合は、



この焙煎の出来具合を語っているような・・・。



今日は順調 (*^-^)



16分15秒釜だし、その時の豆温は200度。



 



思い描く理想の味には遠いですが、今日のは良い出来です。







G2011312



ユキワのM-5ポット。



調子に乗って叩いてみました。



これで明日から戦います( ̄ー ̄)ニヤリ




G20112281



月末はいつものこと。



全ての豆をハンドピック。



棚卸表に在庫を記して次の豆へ・・・。



豆の次は、包材、器具、食材。



 



閉店後は、月末の売上集計表の計算。



豆売り、カップ、ギフト、器具、業務用卸・・・。



 



 



いつものことだけど、



「数字を照らし合わせなさいよ~Σ(`0´*)!



「原価管理できてるの~∑ヾ( ̄0 ̄;ノダイジョウブ?!



って声、聞こえます(;´д`)トホホ…



 



・・・(´;ω;`)ウウ・・・さあ3月がんばろっ♪








大事に使っているVTA6S。



7年目にしてとあるところがちぎれて駄目に・・・。





G2011226



ホームセンターで使えそうなもの選び・・・



カッターで切って取り付けました。



向きが逆ですが、問題なし (v^ー゜)ヤッタネ!!


今日は湿度56%と高い中での焙煎。



後半の温度上昇がスムーズに伸びていくか!



カロリーのかけ方は大丈夫か?



なんて考えながらの焙煎。



 



写真は焙煎中のガスの炎。



頑張る6本のブンセンバーナー。



直火釜なので、時々一本潰れます。



一本潰れると、カロリー不足で焙煎失敗。



炎の出口とガスの出口を定期的に掃除が大切です(o^-^o)



G20112251



火力と排気のバランス=正常なカロリー ←永遠の課題



ついつい食べ過ぎて高カロリー・・・ ←コレいつも ┐(´-`)┌



G20112252



焙煎室にある一本の細い窓。



そこから夕日が見えました。




↑このページのトップヘ